2005年10月03日

那須温泉旅行 その1

今回の一時帰国中、日本の気分を味わうために温泉いい気分(温泉)に行ってきました。
といっても、そんなに遠出はできないので近場の那須湯本温泉に1泊2日の旅です。

前日中にレンタカー車(RV)を借りておき、この日の朝は6時半出発。
天気予報は好ましくない予想だったのにもかかわらず、日中は暑いくらいの陽気るんるん
こういうときってワクワクしちゃいますね揺れるハート

まず我々は、鮎を食べようと栃木県烏山町にある『矢沢のヤナ』というところに向かいました。
開店前に着いてしまったので、お店裏の川沿いを散策。

CIMG4615.JPG

鮎を獲るための仕掛けがありました。
竹でできており、自由に入って鮎を獲っていいようです。
(注:持って帰れません。獲った鮎は、そばに設置してある入れ物に入れましょう)

ダンナさんはここで喜んで自然と触れ合っていましたわーい(嬉しい顔)
お店が開店しても「あと一匹だけ獲らせて、一匹だけ」・・・とたらーっ(汗)

ちなみに帰ってきてから“ヤナ”ってどういう意味だろう?と調べてみたら、
川の瀬に杭(くい)などを八の字形に並べ、水をせき止めて一か所をあけ、そこに梁簀(やなす)を張って流れてくる魚を受けて捕る仕掛け。(大辞泉より)
なんだそうです。
上の写真に写っている、我々が乗っかって鮎を獲っていた八の字形の仕掛けが“ヤナ”でした。

お昼ご飯は、鮎の塩焼き定食を頂きましたぴかぴか(新しい)

CIMG4624.JPG

美味でございました黒ハート

お昼ご飯を食べた後は、いよいよ那須に向かいます。

高速道路を走らず、一般道で那須へ。
那須では、まず銀河高原ビール 那須ビール園、そしてThe Cheese Gardenへ行きました。
夜、旅館で飲むビールや日本酒、おつまみのチーズや生ハムを購入しにるんるん

その後すぐ旅館に行くのは時間が早いので、ちょっと那須の外れにある『ランポーの幻想館』に寄りました。
“ランポー”というからにはエドガー・アラン・ポーか、江戸川乱歩関係のものがあるのかしらと全く調べずに行ったら、トリックアート&ガラスの迷路を扱っているようで・・・・・
ここの感想は・・・ノーコメントでお願いしますたらーっ(汗)

少し時間を潰しても、まだ時間が早いじゃんと思いつつ旅館へ向かいました。
そうです、今回はホテルでもペンションでもなく“旅館”です。
「日本の気分を少しでも味わうために、名前にカタカナがつかない宿を選んだ(byダンナさん)」そうです。

今回の旅は『旅館 清水屋』さんにお世話になりましたいい気分(温泉)
ネットで選んだこの旅館がすごくいいところでして、お食事もお風呂もナイスexclamation×2
気になるお値段は、それほど高くありませんグッド(上向き矢印)

CIMG4640.JPG

こちらがそのお食事でございますぴかぴか(新しい)
どれもこれも、めちゃめちゃ美味しかったです黒ハート

この他に松茸の土瓶蒸し、煮物、炊き込みご飯、お吸い物、デザートが付きました。
とてもじゃないけど食べ切れません・・・普通なら。
でもこういう食事に飢えてる私たちは、恐ろしいことに完食してしまいましたたらーっ(汗)
だから太るんだってば〜〜もうやだ〜(悲しい顔)

お風呂の写真はありません。
オフシーズンに加えて平日、しかも月火ということもあって、お客さんは私たちともう1組だけだったのでお風呂は貸しきり状態。
写真を撮ろうと思えば撮れなくなかったんですけど・・・やめました。

美味しいお食事&お酒ビールで酔っ払った私たち。
笑っていいともの特番を見ようと待っていたはずなのに、気がついたら寝てましたたらーっ(汗)
21時就寝。早すぎっあせあせ(飛び散る汗)

続きは明日へ
posted by よねキチ | 天津 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | 旅行記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7830182

栃木県那須郡烏山町
Excerpt: 『矢沢のヤナ』というところへ鮎を食べに行ったときに訪れました。 マンホールを探そうと思った矢先に、カワイイ絵柄のマンホールが目に入りました。 それぞれ町のシンボルを表しているようです。 縁に描か..
Weblog: のんびり歩こう♪
Tracked: 2005-10-30 21:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。